子どもが統合失調症やうつ病などの精神疾患になってしまった母の日々のブログです

心理教育してみた

先週の水曜日から、自主的に薬を飲み始めた息子だけれど、眠すぎて夕飯後ごろりと横になりそのまま寝てしまう事が2回あった。
夕食後にリビングで少しだけ横になりウトウトして、結局そのまま朝まで寝てしまうような感じ。なのでその2回は起こして飲ませた。

けれど、これでは息子のためにならない。
確実に自分で忘れないで飲まなければいけない。

安定した内服を始めてたったの4日間だけれど、長男大地(仮名)の妄想・幻聴・幻視はかなり少なくなっている。
こちらからの声がけに対する反応も早い。

心理教育するなら適切な時期かもしれない!

日曜日、うつ病の次男(空 仮名)も家に帰ってきてたから、三男(海 仮名)も一緒に3人に向けて心理教育をやってみた。
もちろん心理教育が必要なのは大地なのだけれど、マンツーでやったら面倒くさがられたりウザがられたりすることは分かっている。
何しろ私はただの母なんだから。
けれど、次男と三男が一緒なら聞くような気がした。
次男や三男にも病気について知っておいてもらいたいと言うのもあった。

今から母さんが精神疾患についての話をするよ。
20分で終わるから聞いてね。
「めんどくさい。10分で終わらせて」
はいはい。

まず、うつ病や統合失調症を一言で言うとどんな病気だと思う?
3人に投げかける。

空は?
「一言って難しいなぁ」
海は?
「一言で言えるのかよ。じゃ母さんが言えよ。」

はい、んじゃ言うよ。
精神疾患は、脳機能の病気です!

「そんなこと分かってるよ」と海

まあ、聞きなさい。
脳の中のドーパミンという物質が通常よりもたくさん放出される。そのまま放っておくと脳神経や脳の中の細胞が疲弊しきっちゃう。でしょ?活発に活動しすぎたら疲れるよね。
じゃあどうすればいいか?

「薬飲むんでしょ!」と大地

うん、まぁね。そうなんだけど、こっちの方(と右手を開いて指を突き出すようにして)の神経からバンバンドーパミンは出されるんだけど、薬はこのドーパミンの量をコントロールするわけではないんだよ。
こっちの(と左手の平を開いて)ドーパミンを受ける側に穴みたいなのが空いてるとして、そこにどんどんドーパミンが入ってきちゃうから、穴をふさぐ。
それが薬の役割だよ。

「あ、そうなの?」と空

だから薬が合えば、ちょうど良い感じでこの穴をふさぐことが出来て、妄想・幻聴・幻視みたいな症状は割とすぐに落ち着く。

ここまでは小さな冊子とかにも載ってるから誰でも知ってる話かなと思う。
(ここからは私の予測)
ところがさ、これだとドーパミンを受け取る側の神経や細胞は疲れなくなるけど、そもそもこっちの(とまた右手を出して)ドーパミンをバンバン出しちゃってる方の神経や細胞は疲れちゃうよね。

だから、薬で症状を抑えている隙に、こっち(右手)の神経細胞を元の状態に戻すように修復したり、新しい神経細胞を作ってあげないといけない。
じゃ、どうすれば修復出来ると思う?

「栄養じゃね?」と空

うん、そう。
適切な栄養と適度な運動
それによって、統合失調症に関係すると言われている脳の海馬は、新しい神経細胞を作ることが分かっている。

つづく

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • ある統失おじさん
    • 2019年 4月 15日

    統失患者が毎日服薬するのは、ドーパミン仮説を信じているからではない。
    リスパには常習性はありません。
    ではなぜ僕が毎日リスパを服薬するかと言えば、
    入院中に服薬の習慣を身につけさせられたからです。
    そう、統失患者がリスパを毎日服薬するのは習慣の力なんですね。
    ドーパミン仮説は知っているけど、そんなことを知っててもリスパは飲まない。
    強引にリスパを毎日飲む習慣を身につけさせられたから毎日飲んでいるだけです。

    • ある統失おじさんさん

      毎日お薬が飲めて良かったです。
      うちの息子も入院してましたが、身につかなかったようです。
      一方、次男はうつ病ですが、入院していないけど毎日忘れずに飲んでいます。
      性格の違いもあるのかもしれませんね。

統合失調症を学べるサイト

みんなねっと(全国精神保健福祉会連合会):精神疾患を持つ家族の方のための地域の家族会や研修・イベントなどについての情報があります。

各都道府県家族会連合会の問い合わせ先一覧:全国に家族会があります。お住まいの地域にも参加できる家族会があるかもしれません。地域にしかない情報を得られるかと思います。

COMHBO地域精神保健福祉機構精神疾患に対する情報の宝庫です。統合失調症を調べていてこちらのホームページに出会ったときに「やった!やっと正しい情報に出会えた!!」と感激しました。

統合失調症の初期家族講座コンボでは常に新しい情報が入りホームページも日々更新されています。家族が発症したばかりで家から出られない方!ぜひこちらのページを見てください。

そうかいプログラム:当事者と家族の相互学習プログラム 大阪大学、蔭山正子先生が中心となり、たくさんの家族や当事者の方が協力して作られたものです。

スポンサードリンク



月別ブログ

スポンサードリンク



広告HTML

統合失調症を学べるサイト

登録されている記事はございません。

統合失調症・うつ病の情報

おすすめのサイト

統合失調症は治る病気です

↑家族が統合失調症であり、ご自身も統合失調症を発症した方のブログです

統合失調症lineグループ「すきゾ!」

↑統合失調症lineグループの方たちが数名で書いているブログです

幻聴アート Takuya Shimosaka 芸術家 下坂卓也さん 国内で数々の展覧会入賞 個展も開いています。エネルギーの伝わる作品の数々が魅力

ころすけの、すきゾ!Photo Diary 統合失調症当事者の方の素敵な写真、癒されます♪

俺、本間大地!世界で一番自遊人! 統合失調症当事者、バイクで日本各地を回っています!

統合失調症の夫君と大黒柱の私 統合失調症のだんな様を持つ奥さまのブログ。こんな人が息子のお嫁さんだったらな~

うる次郎の日記 うるさんはいつもポジティブに頑張っています

統合失調症当事者会「クローバー」 横浜で当事者の方が自ら立ち上げた当事者会です。お近くの方はぜひ参加してみてください

劇団Season5 統合失調症当事者の方々で劇団を作っちゃいました。興味のある方、団員募集中ですよ~

そんなポエムがすきゾ! 当事者LINEグループ「すきゾ」のポエムグループのページです
そんなアートがすきゾ! 当事者LINEグループ「すきゾ」のアートグループのページです

ひきこもってよいのです。 心の内が赤裸々に語られていて、焦らずに過ごすことの大切さを感じられます。

今日の空模様~笑顔のある1日を~ 統合失調症の息子さんを持つお母さんのブログです。私も頑張らなくちゃって気持ちになります。

Hoppas alltid 統合失調症の娘さんをもつお母さんのブログです。糖質制限に詳しいです。

ニコニコ太陽~周りを明るくできる人に~ 共に成長できるよう明るく正直に書いていらっしゃいます。
 

 

スポンサードリンク



広告HTML

スポンサードリンク



>