子どもが統合失調症やうつ病などの精神疾患になってしまった母の日々のブログです

02 初診

市内の駅の近くにあるHクリニック。複合ビルのエレベーターを出ると、目の前のドアに「精神科 Hクリニック」とだけ書かれていた。「心療内科」じゃないんだ…と思った。

名称の違いだけで、病気の重さが違う気がした。心療内科に通院の既往程度で済ませたい気持ちがあった。それは、将来息子が、就職や結婚という状況になった時に、精神科にかかった事を知られたら、ダメになってしまうんではないかという心配からだった。

けれど、実際目の前にいる息子はどうだろう。軽いうつ症状とか思春期の悩みがあるとか、そんな状態ではない。将来の事より、「今」息子に必要な最善の事をしなければいけない。

それは、精神科受診。そして、おそらく入院になる。

精神科という名称を堂々と掲げているこのクリニックは、その科に対する誇りと世間に対するバリアフリー的な考えを主張しているようにも感じた。良い医者に診てもらいたい。ずっとかかることになるから。初めが肝心。そう思ったけれど、ググってみても、精神科の医者の評判ってわからない。小児科だったら友だちに「あそこどう?」って聞けたけど、誰にも聞けなかった。今の私は「ご縁」を信じるしかない。

息子は、自宅から車で15分のここに来るまでの間、「なんで病院行かなきゃ行けないんだよ!」を3回ほど繰り返した。その度に、記憶が飛ぶんでしょ?と理由を刷り込むように話した。

ドアを開けると受付があった。普通の内科のクリニックと何も変わりがない。初診の問診票を記入し受付を済ませた。

しばらくして、「〇〇さん。〇〇△△さん」とフルネームで息子の名前が呼ばれた。一瞬、周りに知り合いがいないかと、さほど広くない待合室を見渡した。精神科でも、名前呼ぶんだ…。当たり前の事なのに、隠れるようにしている自分は、まだ全く受け入れていなかったのだと思うし、精神科に対する偏見があったのだと思う。

診察室のドアをノックし中に入る。中には30代?40代?かと思われる女医さんがおり、パソコンの画面を見ながら、チラッと息子を見た。

「どうされました?」Y医師は、単調な声で聞いた。息子は、答えるのに困っていた。チラッとY医師が私を見たので、私は、おかしな言動が始まってからのことを、出来るだけ順をおって話した。冷静に落ち着いて話そうと思っていたけれど、心の中の不安まで、溢れ出して、早口になっていたかもしれない。途中から、涙も出てきた。

Y医師は、妄想のような話について息子に聞いた。息子は、いつも私に話すような多弁ではなかったけれど、手短に妄想の話をした。Y医師は、「それが本当の事かどうかは、私には分からないけど、寝てないんじゃないの?そんな毎日ケンカとかしてたらさぁ、身体も疲れちゃうし、ちょっとゆっくり寝た方がいいね」と言って、私に入院させるつもりがあるかを訪ねた。私は「おねがいします。」と。

Y医師は、すぐに、そのクリニックの院長先生の所へ行き、系列の病院に入院する手続きをし、紹介状を書いてくださった。

明日、H病院へ行ってください。治療は、そちらの先生に診てもらってからになります。

え?今からじゃないの?

一刻も早く治療を初めて欲しかった。でも、ここにたどり着くのに3週間近くかかってしまっている。あと1日なんて、どうってことないかと、自分に言い聞かせた。

帰りの車の中で、もう1度息子に、脳に何らかの異常があるから、しばらく入院することを話した。意外と息子はあっさり「おお」と納得していた。

そして私は、心の病気であるとは言わず、「脳の機能の病気」であると言い続けた。心=脳なのだ。

間違えてはいない。むしろその考え方は正しい。

発症から4年目となった今でも、心の病気だと伝えたことは無い。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

統合失調症を学べるサイト

みんなねっと(全国精神保健福祉会連合会):精神疾患を持つ家族の方のための地域の家族会や研修・イベントなどについての情報があります。

各都道府県家族会連合会の問い合わせ先一覧:全国に家族会があります。お住まいの地域にも参加できる家族会があるかもしれません。地域にしかない情報を得られるかと思います。

COMHBO地域精神保健福祉機構精神疾患に対する情報の宝庫です。統合失調症を調べていてこちらのホームページに出会ったときに「やった!やっと正しい情報に出会えた!!」と感激しました。

統合失調症の初期家族講座コンボでは常に新しい情報が入りホームページも日々更新されています。家族が発症したばかりで家から出られない方!ぜひこちらのページを見てください。

そうかいプログラム:当事者と家族の相互学習プログラム 大阪大学、蔭山正子先生が中心となり、たくさんの家族や当事者の方が協力して作られたものです。

スポンサードリンク



月別ブログ

スポンサードリンク



広告HTML

統合失調症を学べるサイト

登録されている記事はございません。

統合失調症・うつ病の情報

おすすめのサイト

統合失調症は治る病気です

↑家族が統合失調症であり、ご自身も統合失調症を発症した方のブログです

統合失調症lineグループ「すきゾ!」

↑統合失調症lineグループの方たちが数名で書いているブログです

幻聴アート Takuya Shimosaka 芸術家 下坂卓也さん 国内で数々の展覧会入賞 個展も開いています。エネルギーの伝わる作品の数々が魅力

ころすけの、すきゾ!Photo Diary 統合失調症当事者の方の素敵な写真、癒されます♪

俺、本間大地!世界で一番自遊人! 統合失調症当事者、バイクで日本各地を回っています!

統合失調症の夫君と大黒柱の私 統合失調症のだんな様を持つ奥さまのブログ。こんな人が息子のお嫁さんだったらな~

うる次郎の日記 うるさんはいつもポジティブに頑張っています

統合失調症当事者会「クローバー」 横浜で当事者の方が自ら立ち上げた当事者会です。お近くの方はぜひ参加してみてください

劇団Season5 統合失調症当事者の方々で劇団を作っちゃいました。興味のある方、団員募集中ですよ~

そんなポエムがすきゾ! 当事者LINEグループ「すきゾ」のポエムグループのページです
そんなアートがすきゾ! 当事者LINEグループ「すきゾ」のアートグループのページです

ひきこもってよいのです。 心の内が赤裸々に語られていて、焦らずに過ごすことの大切さを感じられます。

今日の空模様~笑顔のある1日を~ 統合失調症の息子さんを持つお母さんのブログです。私も頑張らなくちゃって気持ちになります。

Hoppas alltid 統合失調症の娘さんをもつお母さんのブログです。糖質制限に詳しいです。

ニコニコ太陽~周りを明るくできる人に~ 共に成長できるよう明るく正直に書いていらっしゃいます。
 

 

スポンサードリンク



広告HTML

スポンサードリンク



>