子どもが統合失調症やうつ病などの精神疾患になってしまった母の日々のブログです

大学辞めたいんだけど!

うわあ~~!!ついにこの一言が出たか~~~。。。

一昨年大学に入学したものの、昨年再発。。。1年次は友だちもできて飲みなども行っていたしバイトもしていたのだけれど、再発した後の2年次の一年間はほぼ幻聴くんと話したりしながらの生活で、単位もギリギリしかとらずに過ごしていた。

3年目の今年前期はコロナのために大学に行くこともなくバイトもなくなり症状は悪化。それでもオフライン授業となってからもなんとか通っていたのだけれど、喘息のための咳や微熱に対しても大学側からコロナ対策のために休むよう言われたりして出席日数が不足した講義もあり。受診し咳喘息があることを伝えて途中から休まずに授業に出られるようになったけど、単位はホントにギリギリ。。。留年するかどうかかなり怪しい。

そんな中での「大学辞めたいんだけど!」の一言。

再発後には大学の友人関係もすっかり無くなり、授業はそもそもが興味があったことでもなく、何よりこの所幻聴が少なくなって色々と考える時間が増えたためか??

ぶっちゃけ、いつかはそう言うかもなと思った上での大学入学だったとはいえ、2年半頑張って通ってきただけにプチショック💦

さて、どうするかな・・・。

一度は落ち込んだ気持ちを2時間ほどで立て直す。

元々の大学へ行く理由を考えたら、今の大地の状況ならいつ辞めても良い!と思えた。

「大地が自分で決める事ならいいと思うけど、なんで辞めるのか?やめて何かしたいのか?単に留年が嫌だからだけなのか?しっかり考えて決めないとね」と伝えた。

もともと大学進学に反対していた夫にも話す。

夫は、大地が「自分にとってメリットがあるから大学に行くんだ」と言ったから、今度は辞めることのメリットデメリットを自分で考えさせないといけないと。ただ、大学へ行く目的の一番が、あの時の大地にとって社会とつながる場所のひとつとして選択したものだったから、今それができないのなら辞めてもいいんじゃないかと。

これから話し合いだな。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

関連記事

コメント

    • 林 宏
    • 2020年 9月 03日

    こちらは認知症の母親と精神病の息子の組み合わせです。
    この病気で認知症の母親を抱えると大変です息子さんの将来も考えて精神病への偏見を無くすべきです。
    精神科医と病院、行政の組み合わせで上手く行かないと大変な事になります。
    こちらは警察を含む行政を敵に回してしまったかも知れません。
    マスコミでもなんでも使って精神病者の人権を守らせる様にしないと先行きが暗いと思います。
    特に措置入院は最悪です。
    患者数約25万人精神病院も1000カ所以上、状況は40年以上変わらず次第に悪化している様です。
    精神病院は内部で殺人事件も起きます、驚いた事にあれは監禁施設です。
    40年以上も入院したままの人にも会いました。

      • 森の民
      • 2020年 9月 04日

      林さん

      私の、遠方で暮らす母は認知症で透析もしており、82歳の父が介護をしています。コロナ流行の為に私はまったく帰郷できず、父が1人で頑張っています。
      先月、その父が癌になり手術しました。その間母は透析で通院中の病院に入院させてもらいました。
      諸々、ケアマネさんが整えて下さり助かっています。
      どういう訳か、息子の発症の時期と母の体調が悪くなる時期が重なったりして、身体が5つくらい欲しいな~とぼんやり思った事もありましたが、結局の所コロナ下で私は無力で、病院のソーシャルワーカーさんや訪問介護・訪問入浴などなど、地域の支援に頼るしかありません。

      警察を含む行政が敵になったと思われるのは、それ相応の理由があったのだろうなと思いますが、病気を抱える家族にとって、行政の支援は大切です。

      精神病院も色んなところがあり、一時的に命を守るために拘束する所もありますが、私の印象では30年前より良くなっている気がします。とはいえ、社会から偏見を無くすことは必要ですね。

    • 林 宏
    • 2020年 9月 09日

    問題は福祉政策の実行が地方自治体に任されている事にある様です。精神病院や精神科医も差が大き過ぎます、昨日知って驚愕したのですが、優生保護法が生きており人体実験が最近までまだ行われていました。精神病院の中は治外法権です。精神科医の権限は患者にとって絶大で今でも内部で私刑が行われています。私はたまたま母を精神病院に入院させ自分も精神病院に入院して解ったのですが職員の対応が家族と当事者では全く違っています。私の入院した病院は20年程前に建て替えられたのですが既に患者用施設はまともに動かなくなっていました。問題は既に何回も指摘されています2012年の読売新聞 ヨミダス 佐藤記者の「精神医療ルネサンス」今は東洋経済オンライン、NHKハートネットTV辺りで注目されている様です。私はまともな医療も受けられずにいます,それでも行政は動きません(法的な問題で担当者も主治医も動けない)

      • 森の民
      • 2020年 9月 09日

      林さん

      色々とご苦労なさったんですね。
      私が知っている病院と林さんの知っている病院は、かなり違うようですね。

      人体実験などは、およそ30年前に私が学んだ病院もやっていませんでしたよ。息子にも聞きましたが、入院した病院に対して嫌な印象は無かったようです。

      お住いの保健所の保健師さんにご相談はされましたか?
      精神疾患に関する訪問なども行い相談にのってくださいますよ。

        • 林宏
        • 2020年 9月 10日

        市の保健師はもちろん県、厚生労働省までかけあったのですが手の打ちようがありません。ヘルパーも2組入っているのですがゴミ出しや掃除すらままなりません。

          • 森の民
          • 2020年 9月 13日

          林さん、

          ゴミ出しや掃除がままならないのは大変なことでしょう。ヘルパーさんがいらしてくれて良かったです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

統合失調症を学べるサイト

みんなねっと(全国精神保健福祉会連合会):精神疾患を持つ家族の方のための地域の家族会や研修・イベントなどについての情報があります。

各都道府県家族会連合会の問い合わせ先一覧:全国に家族会があります。お住まいの地域にも参加できる家族会があるかもしれません。地域にしかない情報を得られるかと思います。

COMHBO地域精神保健福祉機構精神疾患に対する情報の宝庫です。統合失調症を調べていてこちらのホームページに出会ったときに「やった!やっと正しい情報に出会えた!!」と感激しました。

統合失調症の初期家族講座コンボでは常に新しい情報が入りホームページも日々更新されています。家族が発症したばかりで家から出られない方!ぜひこちらのページを見てください。

そうかいプログラム:当事者と家族の相互学習プログラム 大阪大学、蔭山正子先生が中心となり、たくさんの家族や当事者の方が協力して作られたものです。

スポンサードリンク



月別ブログ

スポンサードリンク



広告HTML

統合失調症を学べるサイト

登録されている記事はございません。

統合失調症・うつ病の情報

おすすめのサイト

統合失調症は治る病気です

↑家族が統合失調症であり、ご自身も統合失調症を発症した方のブログです

統合失調症lineグループ「すきゾ!」

↑統合失調症lineグループの方たちが数名で書いているブログです

幻聴アート Takuya Shimosaka 芸術家 下坂卓也さん 国内で数々の展覧会入賞 個展も開いています。エネルギーの伝わる作品の数々が魅力

ころすけの、すきゾ!Photo Diary 統合失調症当事者の方の素敵な写真、癒されます♪

俺、本間大地!世界で一番自遊人! 統合失調症当事者、バイクで日本各地を回っています!

統合失調症の夫君と大黒柱の私 統合失調症のだんな様を持つ奥さまのブログ。こんな人が息子のお嫁さんだったらな~

うる次郎の日記 うるさんはいつもポジティブに頑張っています

統合失調症当事者会「クローバー」 横浜で当事者の方が自ら立ち上げた当事者会です。お近くの方はぜひ参加してみてください

劇団Season5 統合失調症当事者の方々で劇団を作っちゃいました。興味のある方、団員募集中ですよ~

そんなポエムがすきゾ! 当事者LINEグループ「すきゾ」のポエムグループのページです
そんなアートがすきゾ! 当事者LINEグループ「すきゾ」のアートグループのページです

ひきこもってよいのです。 心の内が赤裸々に語られていて、焦らずに過ごすことの大切さを感じられます。

今日の空模様~笑顔のある1日を~ 統合失調症の息子さんを持つお母さんのブログです。私も頑張らなくちゃって気持ちになります。

Hoppas alltid 統合失調症の娘さんをもつお母さんのブログです。糖質制限に詳しいです。

ニコニコ太陽~周りを明るくできる人に~ 共に成長できるよう明るく正直に書いていらっしゃいます。
 

 

スポンサードリンク



広告HTML

スポンサードリンク



>