子どもが統合失調症やうつ病などの精神疾患になってしまった母の日々のブログです

内服薬で様子を見るというものの

4月6日(土)

内服薬を飲むことを医師と息子の間で約束し(息子は約束したと思っているかどうかわからないけど)、処方内容も変わった。
息子がちゃんと薬を飲んでいるかどうかを知ることってとっても大切なことは分かっているけれど、私には今の息子の妄想の様子では飲まないだろうなと思っていた。けれど「薬を飲みなさいね」と言えば飲む。

だからと言って、毎回毎回「飲みなさい」という指示の下で飲んでいたんでは自発的ではないし、マーキング薬を飲ませる意味もない。
今週は、「薬を飲みなさい」という言葉は中止だなあ。
で、様子を見た。

4月3日受診・・・4日・・・5日・・・6日・・・
なんかもう、4日辺りからめっちゃ胸騒ぎ。
6日は土曜日で仕事だったんだけど仕事が手に着かない。というか、朝から仕事休んだ方がいいんじゃないか!って思いがずっとあった。
終わってから、息子に電話するけど、出ない。
自宅に電話すると長女が「午前中、大地帰ってきたよ。でもずっとぶつぶつ独り言言ってた。絶対悪くなってると思う」
マジか(やっぱり仕事行かなきゃよかった)何しに帰ってきたみたい?
「大地自身もなんで帰ってきたのかよくわかってないんじゃないかな。。。」

当然、仕事終わりに大地のアパートへ寄った。
部屋の電気はついていないけれどチャイム鳴らしても出てこない。
また籠ってしまった?

薬、まったく飲んでいなかった場合かなりヤバいよね。
一旦自宅に戻ると、長女が「私だったら出てくるかも!」と一緒に再び大地のアパートへ。
私はコンビニで大地の好きそうなジュースを買うとリスパ水薬4mg入れて、もしも大地が出てきたら、一緒に家に帰ろう!と誘い、嫌だと断られたら、「じゃ、これ差し入れ」とすぐに引いて戻ってきてね。と月子に伝えた。
けれど月子が呼んでも大地は出てこなかった。
なので、”差し入れ~ 月子”と書いたメモを水薬入りジュースと一緒の紙袋に入れてドアノブにかけてきてもらった。
夜中でも朝方でも、気が付いて飲んでもらえるといいんだけど。。。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (10)

    • あんぱん
    • 2019年 4月 09日

    今この状況で、薬を飲めるかマーキングして試す意味が分かりません。
    今は、大地君の頭の中を早く正常に戻す事が優先されるべきなのでは?
    あまり悪化させると、薬が効きにくくなりそうで怖いです。
    なんだか中途半端な治療で放置しているように思えてなりません。・・・この病気をそんなに安易に考えててもいいのかなぁ?

    • あんぱんさん、

      おっしゃる通り、不信感芽生えますよね。
      私も他の病院かなと思わなかったわけではないんですよ。
      それでも、5年間ずっと息子を応援してきてくれた医師で、薬の減薬にも慎重ですし、病院変えたら息子は行かなくなると思うので中々変えられないですね。

  1. 僭越ながら、クリニックあるいは主治医を変えられたほうが良いのでは?と思います。私自身は入院の経験が無いので、大きなことは言えませんが、森の民さんの負担(会社を休んだり、アパートに見に行ったり、飲み物に薬を混ぜて渡したり等々)も大変でしょうし。
    今は、他害自傷の恐れがないと、なかなか入院させてもらえないそうですね。息子さんもそのケースなのではないかと思います。

    • erikoさん、

      仕事を休むのは職場には迷惑をかけますが、事情は全て話し、例えば乳幼児を持つ母親が子どもがインフルエンザになったら突然1週間くらい休むのと同じように、私も息子の状況により突然休むだろうことを話して理解してもらいました。

      問題行動がないと入院させにくいというのは、最近の流れかもしれませんね。

    • なお
    • 2019年 4月 09日

    他の人が色々書いてますが、入院は慎重になったほうがいいと思います。昔と違って薬漬けというのは多分ないと思いますが(入院したことがないのでわからないですが)認知機能の低下はおそらく起こります。
    幻聴、妄想は私も経験して私の場合は28歳の時に統合失調症を発症して抑うつもあったのですが、実家に帰って、10年かかってようやく健常者と働けるようになりました(基本的に統合失調症は隠していますが、障害者雇用ではないです。)。個人差はありますが28歳で発症した私でさえ10年の療養が必要になったので(デイケアや作業所もいきました)、19歳の未成年で発症したら個人差はありますが、もっと長期戦になるかもしれません(社会経験があるほうが早く回復といわれています。
    作業所で未成年に統合失調症になった人は10年以上になっても体調が悪くて途中に帰っていく人が沢山います)。
    心配をかけたと思うのですが、大学はあきらめたほうがいいような気がします。悪化する要因が沢山あると思うからだと思います。私の場合は休職して退職してという感じです。
    それよりは静かな環境で療養をすることが大切だと思います。アパートも引き払ったほうがいいのでは??今でも私の場合も幻聴、妄想はたまにあります。だけど無視しています。耐えられないときはリボトリールを飲むと幻聴、妄想はなくなります。私だけ効くんだと思っているのでオススメはしませんが。

      • あんぱん
      • 2019年 4月 09日

      陽性症状で頭の中がおかしくなっている場合は、できるだけ刺激の少ない環境で過ごさないとダメです。投薬と頭を休めることが必要なのです。だから入院なのです。
      それなのに、陽性症状真っ只中に大学に行くなんて信じられません。

      陽性症状で頭がおかしくなっているのに、自主的に服薬できるか試す??
      なぜ?そんなことは回復した後にすることでは?
      大地君が可哀想すぎます。

      • あんぱんさん、

        そうですよね。
        私も、脳細胞がどんどん壊されていくのではないかという恐怖で食事もとれないし、生きた心地がしませんでした。

        大学に関しては、他の方のコメントの返信にも書きましたが、安静第一!脳を休ませる事が大切だと分かっています。ですが、本人が大学へ行くのを楽しみにしているのと、再発の原因が大学のない時期の孤独だった可能性もあり、本人の様子と気持ちと相談して決めたいと思います。

    • なおさん、

      陽性症状真っ只中で大学なんてって思われますよね。
      私も葛藤中です。
      今はできるだけ外部の刺激を少なくして脳を休める時だと思うからです。
      初発の時は三年寝太郎を実行してましたしね。

      私はLINE家族会や当事者会のすきゾグループの方たちとの出会い(ほとんどはLINEのコメントを読むだけですが)を通して、妄想や幻聴がありながらコントロールして大学や就職した方たちを知っています。
      この病気は100人に1人がなると言われていますが、その1人が100人いたら100通りの症状と治療と寛解への道のりがあるんですよね。
      こんなにマニュアルのない病気ってあるんだろうか!?って驚くほどです。

      なので、この後、もしかしたら大学休学するかもしれないし、辞めるかもしれませんが、本人の気持ちを大切にしながら決めていきたいなと思います。

      なおさんは、働きながら妄想や幻聴を頓服飲みながらコントロールしているんですね。素晴らしいですね。
      うちの息子もそのようにコントロール出来るようになる事が目標です。

    • cafe
    • 2019年 4月 09日

    ドアノブにかけた薬入りジュースを他所の子供が見つけて飲んでしまったら、どうするのですか?
    意識を失って倒れでもしたら、それこそ大騒ぎになりますよ。
    統合失調の薬は1mgのさじ加減が大事なのです。
    うちの娘の減薬は3mgずつを二回とその後1mg減薬二回で適量だと分かりました。更に1mg減らしたら、ボーッとしている表情が出たので至急1mgを戻してこのまましばらくは変えないつもりです。
    今は幻覚、幻聴もなく大学受験も難しい都内の大学に受かり恋人も出来て充実した日々をすごせています。
    薬はまだ重たい様に感じてますので、いずれは更に減らす予定で医師もその様に言われてます。
    大地君は飲まない日が有ったり、水薬でもしかしたら倍量飲んでいる日も有りそうで恐いです。
    このような劇薬を全くその場しのぎのように、毎回飲んでいる量も不明で足していたら、どれだけ脳の負担になるでしょうか?
    失礼ながら、主治医のクリニックの先生は統合失調の専門では無いのでは?
    専門病院では、自傷や他傷が無くても簡単に入院出来ますよ。
    自分から希望して入院した場合、閉鎖病棟にもならずに、院外に散歩できたり自由度が高いです。
    東京都に関しては、保健所による搬送サービスは一切無いです。
    悪くなったら、救急車も拒否しますから、後は民間の精神疾患専門の搬送サービスを利用して40万近く支払い、す巻きにして病院に担ぎ込むのだそうです。

    • cafeさん、

      ご安心ください。息子のアパートはよその子どもが勝手に入って紙袋を開けてその中のジュースを飲めるような場所ではないのです。

      この病気は誰もが症状・合う薬・副作用の出方など違いますね。
      医師により処方の仕方や変薬・減薬の仕方も違います。そのため厚労省の薬物治療ガイドラインのようなマニュアルが出ているくらいですね。
      ガイドラインで全国どこにいても質の高い医療・処方が受けられるようになるといいですね。

      統合失調症のお薬は同じ1mgでもCP換算すると適量は違ってきますから、中には削るように減らさないといけないものもありますね。
      cafeさんは、良い医師と合う薬に出会えて良かったです。難関大学に合格し充実した日々を送ってらっしゃるという事は、このブログを読んでいる多くの方の希望になります。

      もしよろしければ私の入っているLINE家族会に入会されませんか?
      cafeさんがどのような方法でお子さんをそこまで回復させたのか教えていただければ、皆さんの励みになるかなと思うんです。
      もちろん強制ではないですよ〜

統合失調症を学べるサイト

みんなねっと(全国精神保健福祉会連合会):精神疾患を持つ家族の方のための地域の家族会や研修・イベントなどについての情報があります。

各都道府県家族会連合会の問い合わせ先一覧:全国に家族会があります。お住まいの地域にも参加できる家族会があるかもしれません。地域にしかない情報を得られるかと思います。

COMHBO地域精神保健福祉機構精神疾患に対する情報の宝庫です。統合失調症を調べていてこちらのホームページに出会ったときに「やった!やっと正しい情報に出会えた!!」と感激しました。

統合失調症の初期家族講座コンボでは常に新しい情報が入りホームページも日々更新されています。家族が発症したばかりで家から出られない方!ぜひこちらのページを見てください。

そうかいプログラム:当事者と家族の相互学習プログラム 大阪大学、蔭山正子先生が中心となり、たくさんの家族や当事者の方が協力して作られたものです。

スポンサードリンク



月別ブログ

スポンサードリンク



広告HTML

統合失調症を学べるサイト

登録されている記事はございません。

統合失調症・うつ病の情報

おすすめのサイト

統合失調症は治る病気です

↑家族が統合失調症であり、ご自身も統合失調症を発症した方のブログです

統合失調症lineグループ「すきゾ!」

↑統合失調症lineグループの方たちが数名で書いているブログです

幻聴アート Takuya Shimosaka 芸術家 下坂卓也さん 国内で数々の展覧会入賞 個展も開いています。エネルギーの伝わる作品の数々が魅力

ころすけの、すきゾ!Photo Diary 統合失調症当事者の方の素敵な写真、癒されます♪

俺、本間大地!世界で一番自遊人! 統合失調症当事者、バイクで日本各地を回っています!

統合失調症の夫君と大黒柱の私 統合失調症のだんな様を持つ奥さまのブログ。こんな人が息子のお嫁さんだったらな~

うる次郎の日記 うるさんはいつもポジティブに頑張っています

統合失調症当事者会「クローバー」 横浜で当事者の方が自ら立ち上げた当事者会です。お近くの方はぜひ参加してみてください

劇団Season5 統合失調症当事者の方々で劇団を作っちゃいました。興味のある方、団員募集中ですよ~

そんなポエムがすきゾ! 当事者LINEグループ「すきゾ」のポエムグループのページです
そんなアートがすきゾ! 当事者LINEグループ「すきゾ」のアートグループのページです

ひきこもってよいのです。 心の内が赤裸々に語られていて、焦らずに過ごすことの大切さを感じられます。

今日の空模様~笑顔のある1日を~ 統合失調症の息子さんを持つお母さんのブログです。私も頑張らなくちゃって気持ちになります。

Hoppas alltid 統合失調症の娘さんをもつお母さんのブログです。糖質制限に詳しいです。

ニコニコ太陽~周りを明るくできる人に~ 共に成長できるよう明るく正直に書いていらっしゃいます。
 

 

スポンサードリンク



広告HTML

スポンサードリンク



>