子どもが統合失調症やうつ病などの精神疾患になってしまった母の日々のブログです

緊張したけど

リカバリー全国フォーラム分科会には、70~80名ほどの方が来てくださいました。(リカバリー全国フォーラムそのものには21日土曜日一日だけで1000名ほど集まったそうです。)

私たちの分科会は3組の発表がありまして、他の二組はうつ病関係のコミュニケーションツールとしてのアプリや体調管理のアプリの研究などの話でした。私は次男がうつ病ですから、こちらもとても参考になりました。

さて私たちは、PureLightの紹介や事前に作成したアンケート結果を発表することで、LINE家族会の良さを伝えるものでした。

興味を持っていただけて、その後すぐに入会してくださった方もいます。PureLightとしては、大盛況だったと言えるかなと思いました。

そんな中、分科会も終了し一番最後に参加者に感想を求められた中のある方のお話が心に残っています。

その方は70代?くらいでしょうか。。。長年地域の家族会に携わっていらっしゃりながらも、地域の家族会は入会して来られる方はほとんどいらっしゃらなくなっているとのことでした。そして、LINEなどのツールを高齢者が使うのは難しい、自分たちはどうすれば良いのか、置いていかれたような気がする。さみしい気持ちになったとおっしゃられていました。

実は、前々からlineって私の両親世代の人が使うのは難しいなと思っていました。では、高齢の方で家族の方はどうすれば良いのか・・・

事件や事故のニュースの時に、ああ、この家族の方は、家族会につながっていなかったんだろうか・・・と思うこともあります。大変さや辛さを共感できる仲間はいなかったのか・・・いたら、それは症状なんだよ。薬が合っていないのかもしれないよと伝えられたかもしれない。。。

とにかくどこかの家族会につながることで、一人でかき集めた情報以上のものが得られると思います。地域に家族会が無かったりあっても合わなかったときは、他の家族会やLINE家族会に入ることができます。入らなくたって、ネットからいろんな情報を得て自身で学ぶことができます。

では、そういったツールを使えない高齢の方はどうすれば良いのか・・・

やはり地域の家族会は必要なんです。ただそこに、新しい若い人を入会させる必要もないのかなと思ったりもします。

自分が助けられ・支えあい、愛着のある組織ならば、存続してほしいし衰退していくのは辛い事と思います。

けれど、そもそも家族会の目的って何だろう・・・?と思ったときに、孤立し孤独・不安になっている家族が、共感し支えあい学びあう場所なのだとしたら、、、

そして、その場所が、自分のいる家族会ではなく別の場所にあり、だから孤立することもなく学ぶ機会もあり不安になっていないのだとしたら、

そんな良いことはありません。

大きな大きな時代の流れや変化を見たときに、家族会PureLightも、いつかは必要とされなくなると良いなと思います。

子どもが統合失調症になったって、母が孤独になることはなく、家族が孤立することもなく、不安にならずにすむような社会になれば良いんです。そしたら、LINE家族会も必要ない♪

今回のリカバリー全国フォーラムに参加させていただくことになってから、私の気持ちの中で色々と整理がついてきました。

自分の夢も見えてきました。(それについてはまた書きますね)

*ところで、とても大切なお知らせがあります。家族会受付窓口のくりりさんからです。

[一昨日、昨日と受付窓口のgmailに参加希望なさっている東京都○○○市の方。
返信してますがアドレス不明でこちらから送信できない状態です。
お手数ですが、直接LINEへご連絡下さい]

との事です。もしもLINE家族会に問い合わせてるのに返事がないなと思われる方、LINEIDを入力して直接連絡をしてみてください。受付窓口のくりりさんは、問い合わせるとほぼその日のうちに返信をされています。2日待っても返信が無ければ、それは届いていない可能性のが高いです。もしも繋がらなければ、私にメールを下さってもOKです。

せっかくのご縁です。お互い支え合い乗り越えていきましょう。

季節は流れていくんだな~
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

関連記事

コメント

    • milkbasako
    • 2019年 9月 24日

    お久しぶりです。line家族会に入っているSSです。
    息子さんどうですか?
    森の民さんがおっしゃるように精神病の家族を抱えている人もその家族も孤独不安にならない社会が構築されていけば家族会は必要ないですよね。
    でも、自分の住む地区は、まだまだ、まず情報が得られないこと、それも、いろいろ電話で相談してもなかなかほしい情報が得られないこと、仕方なく、自分で出来得る限りのことをしようとみんなネットの毎月の小冊子など購入したり、こうしていまだに同じ病気の方のご家族のブログも見たりしています。
    病院に入っても、なかなかいいところに当たらなければ、相談員も事務的で動きません。その方は産休に入られました。産休明け後の自分の居場所の方が大事ですもんね。
    現実自分の身内に精神的な病などの家族がいないと根本的なところでは、看護師さんも相談員さんも家族の現実的に毎日かかわっていくことの大変さってわからないのではないかと娘が一年ほど入院し半年通院し、やっとセカンドオピニオンにつながって、常に仕事の一環として優しく接してくださりありがたいけれど、本音の部分では、そういう気持ちです。

      • 森の民
      • 2019年 9月 24日

      milkbasakoさん、

      お久しぶりです。コメント嬉しいです。
      おっしゃる通りかもしれませんね。
      本当の辛さは当事者でないとわからないし、家族もまた心から辛さを共感し、理解してもらえるのは、同じ家族かもしれませんね。

      恐らくそれは、他の病気の患者さんを持つ家族の方も、同じように仰るだろうと思います。
      私は看護師なので、過去に話を伺って涙することもありましたが、その人になれないので奥底の気持ちは理解出来ていなかったのかもしれません。

      家族会は必要なんですね。
      どのような形であれ、同じ困難に向き合う仲間は必要!そうかもしれませんね。

      コメントありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

統合失調症を学べるサイト

みんなねっと(全国精神保健福祉会連合会):精神疾患を持つ家族の方のための地域の家族会や研修・イベントなどについての情報があります。

各都道府県家族会連合会の問い合わせ先一覧:全国に家族会があります。お住まいの地域にも参加できる家族会があるかもしれません。地域にしかない情報を得られるかと思います。

COMHBO地域精神保健福祉機構精神疾患に対する情報の宝庫です。統合失調症を調べていてこちらのホームページに出会ったときに「やった!やっと正しい情報に出会えた!!」と感激しました。

統合失調症の初期家族講座コンボでは常に新しい情報が入りホームページも日々更新されています。家族が発症したばかりで家から出られない方!ぜひこちらのページを見てください。

そうかいプログラム:当事者と家族の相互学習プログラム 大阪大学、蔭山正子先生が中心となり、たくさんの家族や当事者の方が協力して作られたものです。

スポンサードリンク



月別ブログ

スポンサードリンク



広告HTML

統合失調症を学べるサイト

登録されている記事はございません。

統合失調症・うつ病の情報

おすすめのサイト

統合失調症は治る病気です

↑家族が統合失調症であり、ご自身も統合失調症を発症した方のブログです

統合失調症lineグループ「すきゾ!」

↑統合失調症lineグループの方たちが数名で書いているブログです

幻聴アート Takuya Shimosaka 芸術家 下坂卓也さん 国内で数々の展覧会入賞 個展も開いています。エネルギーの伝わる作品の数々が魅力

ころすけの、すきゾ!Photo Diary 統合失調症当事者の方の素敵な写真、癒されます♪

俺、本間大地!世界で一番自遊人! 統合失調症当事者、バイクで日本各地を回っています!

統合失調症の夫君と大黒柱の私 統合失調症のだんな様を持つ奥さまのブログ。こんな人が息子のお嫁さんだったらな~

うる次郎の日記 うるさんはいつもポジティブに頑張っています

統合失調症当事者会「クローバー」 横浜で当事者の方が自ら立ち上げた当事者会です。お近くの方はぜひ参加してみてください

劇団Season5 統合失調症当事者の方々で劇団を作っちゃいました。興味のある方、団員募集中ですよ~

そんなポエムがすきゾ! 当事者LINEグループ「すきゾ」のポエムグループのページです
そんなアートがすきゾ! 当事者LINEグループ「すきゾ」のアートグループのページです

ひきこもってよいのです。 心の内が赤裸々に語られていて、焦らずに過ごすことの大切さを感じられます。

今日の空模様~笑顔のある1日を~ 統合失調症の息子さんを持つお母さんのブログです。私も頑張らなくちゃって気持ちになります。

Hoppas alltid 統合失調症の娘さんをもつお母さんのブログです。糖質制限に詳しいです。

ニコニコ太陽~周りを明るくできる人に~ 共に成長できるよう明るく正直に書いていらっしゃいます。
 

 

スポンサードリンク



広告HTML

スポンサードリンク



>