子どもが統合失調症やうつ病などの精神疾患になってしまった母の日々のブログです

「うちの子統合失調症なんです」と話すとき

入院10日目ともなると、同じ部屋の人とも仲良くなって話もするようになる

当然話題も家族のことに・・・

お子さんが来月結婚するとか、お孫さんの話とか、皆さん私と似たり寄ったりの病気だから入院してるというのに、こうして話していると全くそんな病気の影が見えない。

さて、当然私も家族の話を・・・

まず子どもが4人いるというだけで、話題は2人だけの方の2倍(;^_^A

しかも、「長男は統合失調症って言う病気になって、あ、統合失調症って知ってます?」なんて話し始めたらもはや独壇場💦

「統合失調症って、精神疾患なんですけど、妄想とか幻聴とか有名な・・・」と言うと、皆さんその程度は知ってるらしくうんうんとうなづいている。

「ほら、精神疾患って偏見があるでしょ。私も自分が偏見があったから、発症してから2年くらいは話せなかったりもして。。。でも、病気になったのは子どもが原因じゃないし、病気は息子の一部って言うだけで、「隠す」って言う事がすごく変な気がして。。。隠すって、恥ずかしいからみたいじゃない?でも、うちの子は、別に恥ずかしくなんてないし、むしろ病気と闘ってめちゃめちゃ頑張って誇れるくらいなのに。なんでこそこそする必要があるんだろう!って思って。で、こうやってみんなにどんどん話すようにしたんですよ~」

さらに、「どうしてその病気になったの?」と聞かれる。(たいてい聞かれる)

「それがねえ、よくこころの病気とか言われるけど、脳の機能の不具合で起こる病気だから。。。例えば糖尿病がインスリンっていう物質の出方の不具合で起こったりとか、今回私たちだって病気になったけど、何が原因?って言われてもわからないのと同じで、わからないんですよね~。同じように例えば、私たちの目前に迫った認知症(笑) これもどうしてなるの?って言われても、脳の不具合だからね~。自分でコントロールもできないし」

「そうよね~~」「わからないわよね~」 と言いながら皆さんうんうんとうなづく。認知症の話は同じ脳の病気だし、誰がなるかわからないからイメージしやすいかも。

「もしも、何が原因かっていうのをひとつあげるなら、、ほら、5大疾患って言われてるものあるんだけど、精神疾患てそのひとつなのね。」と、さらりと5大疾患(癌・糖尿病・心疾患・脳卒中・精神疾患)を伝えて、

「他の病気は中高年からの発症が高いのに、精神疾患だけが10代での発症が一番高いっていう!!」

みなさん、少し驚いたような様子で聞いてくださる。

「だからね。第二次性徴って、成長期の急激なホルモンバランスの変化が統合失調症発症の大きな原因のひとつって言われてるの。」

「だから10代での発症が多くなるのね~」と、納得された様子。

「ホルモンバランスが変化するのはどんな時?って言ったら、環境の変化とか、ストレスとか、過労とかもあるからね。何しろ、脳の疾患だから~」

ホルモンバランスが変化するのって、ざっくりと人生の中で2回あるのよ~。いつだと思う?10代と・・・今!!今の私たち~♫ (笑) ホルモンバランスが変化するときって病気になりやすいから気をつけなくちゃね~(笑)

すると、、、「うちの姪っ子も統合失調症で。。。」と、話し始めた方が・・・

ほ~らね。たったの4人部屋なのに、いるいる!身近に統合失調症の人がいる話!!

森民仮説(笑)「統合失調症が100人に一人の病気なら、25人に一人は家族の中に統合失調症の人がいて、数世帯に1件は親戚に統合失調症の人がいるはず!」がまたあてはまる。

「ぼちぼちご飯ね~」と話し終わったら、お部屋の方たちから、なんだか講演会を聞いたみたい。「良かったわ~。ありがとうございました」な~んて言われちゃいました~。一人でしゃべりすぎたか?

こうして、地道に統合失調症に対する偏見を無くすべく、「うちの子統合失調症なの」と雑談の流れで話してます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

関連記事

コメント

    • 向日葵
    • 2021年 5月 22日

    そういうことをお話するのを、息子さんご本人はどう思ってらっしゃるのでしょうか?私は鬱病ですが、家族とごく親しい友人にしか話していません。
    結局は経験しないと分からないし(勿論どの病気もそうですが、癌や糖尿病や高血圧は想像しやすい)、他人を啓蒙する意欲もないですし。
    統合失調症は、鬱病よりさらにイメージしにくいでしょうし、昔は遺伝疾患だと考えられていました。偏見も根強いでしょうし、それが無くなっていくにはまだまだ社会全体が変わる必要があると思います。日本の社会はそれほど成熟していない。コロナ騒動でよく解りました。
    個人的な考えですが、自分の知らないところで話題の遡上に乗せられる息子さんが少し気の毒になりました。

      • 森の民
      • 2021年 5月 22日

      向日葵さん

      コメントありがとうございます
      確かにその人のいない所で話題にするのは嫌かもしれないですね。

      息子には時々話しています。
      そして息子も、自分から「おれ統失」と話しています。
      癌や糖尿病や高血圧を想像しやすいのは、身近にいたからですね。身近な方々が話すから、学ばなくてもなんとなく知っていたりします。

      昔の誤った偏見に怯えて、悪いこともしていないのに隠れて過ごすことの方が、私には出来なさそうです。

      社会は誰が変えてくれるでしょうか。
      国が?誰かがやってくれるのを待ち、やってくれないのを恨むより、私は微力でも自分が動きたいと思いました。

      人それぞれの考えがありますね。
      誰かを啓蒙するもしないも、どちらが良いということも悪いということも無いかなと思います。

      向日葵さんも鬱病で辛い思いをされたんですね。うつ病は、芸能人もオープンに話す、映画にもなるほどメジャーな病気ですね。そして精神疾患は、生涯で4-5人がなると言われてます。

      どうか、症状の辛い時はご無理なさらず、ご自身のペースでゆったりと過ごされてくださいね。

  1. はじめまして、サトシと言います。

    久しぶりに来ました。
    実は、森の民さんがブログを開設したころよく拝見していましたが、遠のいてしまいました。
    あれからずいぶんと活動の幅を広げておられるようですね。すごいです。
    また、(仕事柄もあるのでしょうが)精神疾患の知識も深められているようですね。

    私自身が統失患者ですが、実の両親や今の私の家族は、森の民さんのように私の病気のことを理解しようとしているようには思えませんでした。

    でも今では、すっかり元気を取り戻しつつあるので、これから家族との有意義な時間を取り戻しつつ、私は(引きこもりながら(笑))情報発信していけたらと思っています。

    また遊びに来ますね。

      • 森の民
      • 2021年 5月 25日

      サトシさん

      コメントありがとうございます。
      統合失調症が100人いたら100通りの症状、回復への道があるように、家族のかたちも色々ですね。
      私の入っている家族会は、熱心に学ぼうとする方々多いなともいます。
      そりゃ当然ですよね。学ぼうとするから家族会を探してはいるのですから。
      ですが、入らない方もいるし、放任の方もいるはずです。
      世の中のいろんな家族のかたちと、統合失調症の家族のかたち、何か違いがあるかと探してみましたが、そこには共通項がみつかりませんでした。

      病気と付き合いながらの情報発信、地道な活動ですが、お互いそれぞれのペースでやっていきましょうね~

      ご家族との有意義な時間!♪ その大切さに気付けただけで素晴らしいですよね。
      こちらも焦らず慌てず丁寧に向き合えると良いですね~

      またいつでもいらしてください

    • ありゃま
    • 2021年 5月 27日

    とっても、自然で、とても素敵です~。

    本当もっとフラットに自分の病気の話をできるといいなぁって思います。
    (私もできるだけ周りにオープンにしています)

    すごいいい記事を読ませていただきました。

    励まされました。

      • 森の民
      • 2021年 5月 28日

      ありゃまさん

      コメントありがとうございます。
      少しでも励みとなったなら私も嬉しいです♪

      無理せず、ご自身のペースで話せたらいいですね。
      話すことで、「偏見の無い、理解しようとしてくれる人たち」が周りに集まる気がします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

統合失調症を学べるサイト

みんなねっと(全国精神保健福祉会連合会):精神疾患を持つ家族の方のための地域の家族会や研修・イベントなどについての情報があります。

各都道府県家族会連合会の問い合わせ先一覧:全国に家族会があります。お住まいの地域にも参加できる家族会があるかもしれません。地域にしかない情報を得られるかと思います。

COMHBO地域精神保健福祉機構精神疾患に対する情報の宝庫です。統合失調症を調べていてこちらのホームページに出会ったときに「やった!やっと正しい情報に出会えた!!」と感激しました。

統合失調症の初期家族講座コンボでは常に新しい情報が入りホームページも日々更新されています。家族が発症したばかりで家から出られない方!ぜひこちらのページを見てください。

そうかいプログラム:当事者と家族の相互学習プログラム 大阪大学、蔭山正子先生が中心となり、たくさんの家族や当事者の方が協力して作られたものです。

スポンサードリンク



月別ブログ

スポンサードリンク



広告HTML

統合失調症を学べるサイト

登録されている記事はございません。

統合失調症・うつ病の情報

おすすめのサイト

統合失調症は治る病気です

↑家族が統合失調症であり、ご自身も統合失調症を発症した方のブログです

統合失調症lineグループ「すきゾ!」

↑統合失調症lineグループの方たちが数名で書いているブログです

幻聴アート Takuya Shimosaka 芸術家 下坂卓也さん 国内で数々の展覧会入賞 個展も開いています。エネルギーの伝わる作品の数々が魅力

ころすけの、すきゾ!Photo Diary 統合失調症当事者の方の素敵な写真、癒されます♪

俺、本間大地!世界で一番自遊人! 統合失調症当事者、バイクで日本各地を回っています!

統合失調症の夫君と大黒柱の私 統合失調症のだんな様を持つ奥さまのブログ。こんな人が息子のお嫁さんだったらな~

うる次郎の日記 うるさんはいつもポジティブに頑張っています

統合失調症当事者会「クローバー」 横浜で当事者の方が自ら立ち上げた当事者会です。お近くの方はぜひ参加してみてください

劇団Season5 統合失調症当事者の方々で劇団を作っちゃいました。興味のある方、団員募集中ですよ~

そんなポエムがすきゾ! 当事者LINEグループ「すきゾ」のポエムグループのページです
そんなアートがすきゾ! 当事者LINEグループ「すきゾ」のアートグループのページです

ひきこもってよいのです。 心の内が赤裸々に語られていて、焦らずに過ごすことの大切さを感じられます。

今日の空模様~笑顔のある1日を~ 統合失調症の息子さんを持つお母さんのブログです。私も頑張らなくちゃって気持ちになります。

Hoppas alltid 統合失調症の娘さんをもつお母さんのブログです。糖質制限に詳しいです。

ニコニコ太陽~周りを明るくできる人に~ 共に成長できるよう明るく正直に書いていらっしゃいます。
 

 

スポンサードリンク



広告HTML

スポンサードリンク



>